オールセラミック

オールセラミック

理想の素材 - セラミック

近年、注目の治療法としてオールセラミックがあります。最近では包丁などにも利用されるこのセラミックという素材は、非常に高い強度をもった鉱石になります。
歯科治療の現場でもその技術は応用されており、治療に金属を一切使わないため、金属アレルギーの方には特に有効な治療法です。オールセラミックの治療法は、お口の中でも金属とは異なり、非常になじみも良いため、患者さんは術後も安心して生活を送ることができます。今後、有効な治療法として益々注目されるでしょう。

オールセラミック

従来の素材とオールセラミックの違い

オールセラミックは、天然の鉱石を利用しており、従来素材の欠点を補い、金属を使わないという大きな特長をもって注目されています。
冠の全てをセラミックで作り上げるため、これまでその強度が問題となっていましたが、最新の技術によって、ジルコニアなど強度に優れた材料が開発され、奥歯の力のかかる部分にも利用できるようになりました。

従来の素材

金属

金属

これまで、歯のかぶせ物には金属を利用することがほとんどでした。食事や運動をするとき、歯には自分の体重くらいと言われるほどの大きな力がかかります。


本来生まれ持った自分の歯は、その大きな力を支えるため、水晶に匹敵するといわれる硬さを備えています。天然の歯を被せる必要が生じて、その代わりとなる材料を探すとき、その硬さを補う人工のかぶせ物には金属を使うしかありませんでした。


メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

白い被せ物を作るときにも、ポーセレンを金属の枠組みに焼き付けて作る陶材焼付け冠(メタルボンドクラウン)という冠が長い間使用されてきています。この冠が従来、審美修復の王道であったと言えます。

 

しかし、金属の裏打ちをした冠は経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えたり、自然な歯の輝きが思うように出ないなどの欠点もありました

ページトップへ戻る

カテゴリへ戻る