クラウン

保険適用されるクラウン

虫歯の治療の後に冠(クラウン)を被せることになったら、通常の保険治療の範囲では、歯の種類に合わせて以下のような方法で治します。

歯の種類 保険適用される冠(クラウン)
前歯 金属の冠にプラスチックを貼り付けた冠
臼歯 銀色の冠、あるいは、プラスチックの冠

プラスチックは色が限定されていること、時間が経つと変色してくる欠点があり、また奥歯にプラスチックの冠を利用した場合には、壊れやすく長くもたないという欠点もあります。

クラウンによる治療例1クラウンによる治療例2

クラウンの比較

透明感のある自然な歯を被せて治すためには、自費の治療となっている陶材焼付け冠(メタルボンド)や、オールセラミッククラウンを利用する方法があります。
いずれもセラミックを利用することで、時間が経っても変色することはありません。
弾性率も天然の歯に近いため、咬み合う歯にも優しい材料です。

  オールセラミック冠 陶材焼付け冠
(メタルボンドクラウン)
構造 冠の全てをセラミックで作り上げる冠
オールセラミック冠
セラミックを金属の枠組みに焼き付けて作る冠
陶材焼付け冠(メタルボンドクラウン)
利点 自然な光を透過する優れた美しさをもつ。
金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心。

歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できる。
強度があるため、咬む力の強い患者様でもある程度使用可能
欠点 歯ぎしりのある患者さん、咬み合わせの状態などによっては、利用できない場合がある。 経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えてくる。

元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがある。

この他にも、ゴールドの冠も自費の治療に入ります。ゴールドは自然な柔らかさを持つため、歯に最も優しい材料と言えます。

ページトップへ戻る

カテゴリへ戻る