レーザー

歯科用レーザーとは

歯科用レーザーは医療用レーザーの一つで、痛みが少なく治療できるのが最大の利点です。ムシ歯や歯周病などの治療や、歯肉の着色を落とすなどの審美歯科に応用されています。
歯科におけるレーザーの応用は1960年代より活発に行なわれてきました。
当初はルビーレーザー等のハードレーザーの応用実験が行なわれていたが、歯牙組織に対して熱変性を起こすなどの問題がありました。
この問題点を解決すべく、現在ではレーザーをパルス化することによって熱エネルギーの蓄積を抑えたネオジウム・ヤグ(Nd:YAG)レーザーやCO2レーザー、半導体レーザー、エルビウムヤグ(Er:YAG)レーザーが、さらに最近ではパルス方式をハイドロキネティック方式に置き換えたEr.Cr;YSGGレーザーという新しい装置が開発されています。

歯科用レーザー

レーザーはムシ歯の黒く蝕まれた湿った部分に照射すると、それらの部分だけに反応して瞬時に焼き飛ばします。しかし、ムシ歯以外の部分へのダメージはありません。また、殺菌効果が高いので難しかった根の部分の治療にもレーザー治療は効果を発揮します。痛みもなく、治療期間も大幅に短縮できます。

適応される症状

レーザー治療は以下のような症状にも、広く応用されています。
ただ、日本におけるレーザー治療の費用は、保険治療で認められていないのが現状です。

レーザー治療が適応される症状
虫歯の治療 歯肉の着色を落とす処置 歯肉への殺菌処置
根の治療 レーザー麻酔 口内炎への処置
知覚過敏症への処置など 顎関節症の治療 骨に対する手術装置

ページトップへ戻る

カテゴリへ戻る