歯医者やインプラントの情報サイト ノーベルスマイル
インプラントについて
インプラントとは

インプラントの語源

歯を抜いた際に、その失った部分を補うための治療法の一つです。そもそも「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉で、医学の世界では整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてきました。古い時代から既に貝殻や、動物の歯や骨を「インプラント」して歯の代わりをつくっていた事実が報告されています。

1931年、ホンジュラスで発見された歯の形の貝殻が埋められた人の下顎。紀元600年頃のもの

インプラントの成功率

【98%以上の成功率】
1965年、ブローネマルク教授によって治療された最初の患者さんは、治療後40年近く当時のインプラントを使用して、最近亡くなりました。現在、ブローネマルクインプラントの20年累積残存データとして発表されているものには、1983年から85年にかけて治療された報告で、上顎90.0%、下顎92.3%というデータがあります。
また、10年以上のデータでは96%という報告や、5年以上のデータでは98%以上という報告もあります。

【ご自身のケアが重要】
治療後の清掃状態、咬み合わせなどによって、インプラント治療の未来は大きく影響されます。主治医の先生の指示に従って、日頃のお手入れや定期健診など、患者様自身のケアをしっかりと行い、長く快適にインプラントを使っていけるようにしましょう。

▲このページのTOPへ
←インプラントについてへ戻る
←ノーベルスマイルTOPへ

インプラントについて
審美歯科について
歯の豆知識について

歯医者・インプラント治療検索
ノーベルスマイル