歯医者やインプラントの情報サイト ノーベルスマイル
インプラントのメリット
インプラントとは

【骨量の違いによる手術方法】
インプラント体を埋める骨が元々ある方は、診断をした後そのままインプラント埋入手術が受けられます。
最近では、CTなどの診断技術の向上、器械・術者の技術の向上によって以前には不可能と言われていた方でも、そのままの既存の骨に治療することが可能な場合も多くなっています。ただ、難しい症例の場合には、そのためのきちんとした診断準備、治療技術が必要ですので、歯科医院でよくご説明を受けた上で治療を受けるようにしてください。

骨の少ない、そのままではインプラントを埋めることのできない患者様には、骨の移植、再生術も研究されてきています。骨の移植術と一口に言っても症例に応じて様々な種類があります。足りない骨の量によって、移植する骨も、軽度〜中程度までの量であればお口の中の顎から採取することができます。重度に骨の足りない場合には、腰の骨を採取しなければならないこともありますが、いずれにしてもレントゲン写真撮影をしてきちんと診断しないと明確にはわかりません。


▲このページのTOPへ
←インプラントについてへ戻る
←ノーベルスマイルTOPへ

インプラントについて
審美歯科について
歯の豆知識について

歯医者・インプラント治療検索
ノーベルスマイル