歯医者やインプラントの情報サイト ノーベルスマイル
インプラントについて
対象者・適した症状

【インプラント治療は多くの方が受けられる可能性があります】
インプラント治療はたとえ年を重ねていても、誰でも治療できる可能性があります。
インプラント治療は、まず歯を支える土台を作るところから始まります。インプラント体を立てる土壌はつまり、骨。骨のしっかりとある部分に立てるのが最も安全なインプラントです。ポーセレンを使ったものが一般的ですが、咬み合わせの特に強い方、歯ぎしりのある方などでは咬む面を金などの金属で覆ったものを利用することもあります。

【インプラント治療に適さない症状】
・顎の骨の量が少ない方
インプラント治療は、歯茎の下の顎の骨に直接インプラント体を埋め込む手術を行います。そのため、顎の骨の量が少ない方は、骨移植などの処置を併用しなければならない場合があります。

・妊娠中の方
術後の投薬や、レントゲン撮影を避けたい場合には、出産後の落ち着いた時期にインプラント治療をした方がよいでしょう。

・全身疾患のある方
出血を伴う処置もありますので、糖尿病や高血圧などの慢性疾患がある方は良好な状態にコントロールされていることが条件になります。その他、全身的なご病気がある場合にはかかりつけの医師と相談の上インプラント治療を考える必要があります。

・他の歯に病気のある方
インプラント治療に悪影響を及ぼす可能性がある他の歯の病気がある場合には、その歯の治療を優先する場合があります。

【以下の方はインプラント治療が出来ません】
・顎の骨の成長が終わっていない年齢の方、概ね16歳以下の方
・歯磨きなどの日常の清掃が充分にできない方
・チタンへのアレルギーを持っている方
・アルコール依存症の方
・歯科医師と意思疎通ができない方、精神的に問題のある方


▲このページのTOPへ
←インプラントについてへ戻る
←ノーベルスマイルTOPへ

インプラントについて
審美歯科について
歯の豆知識について

歯医者・インプラント治療検索
ノーベルスマイル