歯医者やインプラントの情報サイト ノーベルスマイル
歯の豆知識
知覚過敏

【知覚過敏の症状】
・歯ぎしり(エナメル質の磨耗、歯の表面の亀裂)
・食いしばり(エナメル質の磨耗、歯の表面の亀裂)
・強いブラッシング(エナメル質の磨耗)
・歯周病による歯肉の退縮
・経年変化による歯肉の退縮
これらの症状によって、本来歯槽骨の中に埋まっているはずの象牙質が露出し、お口の中で外刺激を受けやすくなり敏感に神経を刺激され起こると考えられています。

【知覚過敏の治療法】
・お薬を塗って象牙細管という象牙質の中の、刺激を神経へつなぐ管を塞ぎ、刺激を伝わりにくくする方法
・歯の表面自体を虫歯を治すための薄いプラスチックでコーディングする方法
・歯の一部を削ってしっかりと詰める方法

軽度の知覚過敏であれば、治療後1〜2週間くらいで治まります。しかし、一度知覚過敏になると季節によって、あるいは冷たい水、風などで再び感じやすくなることもあります。

▲このページのTOPへ
←豆知識一覧へ戻る
←ノーベルスマイルTOPへ

インプラントについて
審美歯科について
歯の豆知識について

歯医者・インプラント治療検索
ノーベルスマイル