口内炎

口内炎はお口の中の粘膜にできる傷のような状態。口内炎そのものは重度の病気ではありません。
歯ブラシで傷つけてしまった、食事中に咬んでしまった、などの原因がはっきりしている場合には、自然に治るのを待つだけですが、全身状態のバロメーターであることもありますので注意が必要です。

口内炎

口内炎の症状

表面が黄白色や赤味を帯びたようなただれが、舌の周囲や唇や頬の裏側の粘膜にでき、食べ物、飲み物が接触してもひどく痛みます。ひどい場合には何もしていなくても痛むこともあります。1~2週間で治ることがほとんどですが、何度も繰り返すこともあります。

口内炎の原因

機械的に傷つけてしまった場合、身体の具合が悪く免疫力の低下などから口の中の細菌によって引き起こされる場合、あるいは胃腸などの内臓障害によるもの、などが主な原因と考えられます。
さらに、アレルギーやストレス、ホルモンバランスの乱れ、自律神経失調症なども原因と考えられますが、明らかにはなっていません。

口内炎の原因
  • 傷つき、免疫力の低下
  • 内臓障害
  • アレルギー、ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 自律神経失調症

口内炎の治療法

治療法としては口内炎にステロイド軟膏などを塗布するのが一般的ですが、歯科医院によってはレーザーなどで患部を焼く治療を行っている歯科医院もあります。これによって1~2回程度の治療でほぼ完治します。
通常の口内炎であれば、何もしなくても1~2週間で自然に治っていきます。

注意

口内炎は通常1~2週間程度の短期間で治ります。
長期間同じ部位に症状が続く場合には口内炎でなく他の病気の可能性もありますので、口腔外科の先生に相談してください。
また、単純な口内炎の場合は痛みを伴いますので、全く痛くないというときにも注意が必要です。

ページトップへ戻る

カテゴリへ戻る